皆さんこんにちは。

2018年9月上旬に北海道で最大震度7の地震が起きたことは記憶に新しいですがその際にまたもや炎上系ユーチューバーの代表格シバターさんが炎上してらっしゃいました。

今回の炎上の内容に関しては、賛否両論あり物議を醸していますので今回はその内容について簡単にご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

炎上系YouTuberシバター、北海道のコンビニ会計で炎上!炎上理由と原因は?

事の発端は、2018年9月6日深夜3時ごろに北海道で発生した地震。

今回の地震は相当大きかったみたいですね。私の知り合いも北海道に住んでいるのですが、数日間はずっと停電しっぱなしでかなり不便していました。

そんな北海道ですが、ちょうどシバターさんもパチスロ日本代表チャンネルの方の仕事で来店取材のため北海道を訪れていたようです。

ちょうど動画のネタになると思ったのか、地震発生直後の自身の現在の状況やら次の日の朝のホテルでの様子、またコンビニでの買い物、目的地への移動までの様子を動画にまとめてYouTubeに動画としてアップ。それが下のものになります。

この動画の最中に、今回の炎上となった映像が写っています。
詳しくは動画の5:30あたりから再生して見てください。

今回問題となった行為の経緯

被災翌日の朝に、北海道のコンビニで朝ごはんを購入

【購入内容】

ブリトー2つ

パック入り巻き寿司

鱈とば

ビール500ml缶

ワンカップ1つ

被災の影響で停電しており、会計はおじいさんの店員が電卓で手打ち

その際、シバターは店員の計算ミスを確認。
結果、会計の合計金額が650円と明らかに購入内容よりも安い金額になっていた

店員の間違いは指摘せず、そのまま提示された金額で購入

その内容を動画でアップ後炎上!!

 

まぁ、よくある店員のレジの打ち間違いで本来の会計金額とは異なる金額だったってやつです。しかも、会計金額が本来より安いパターンなので実際シバターさんは1000円ほど得をしてるのでしょう。おそらく、この購入内容であれば1500円くらいするでしょう。

ただ、問題は店員の電卓の打ち間違いをシバターさんが黙認していたという事ですね。

動画内でもシバターさんが『(店員が)途中(商品の金額を)引いたりしていて、この量で650円だった。』と話していることからも、店員側のミスで本来の金額より安くなっていたことは明白です。

このためこの動画を見た視聴者が『わかってるのに黙ってるなんて人としてどうなの』的なコメントが殺到して無事炎上しておりました。

スポンサードリンク

シバター、北海道コンビニ会計事件を謝罪。詐欺罪にはなるのか?

後日、あまりにもコメント欄が荒れていた為か弁解と謝罪の動画をアップ。

本人の見解としては

停電の影響で、店員がレジ打ちを電卓で代用せざるを得ない状況で大体の商品の値段をどんぶり勘定で行なっていた。

そのため、他の客も本来の金額より安い代金だったし被災直後で、レジも多くの客が並んでいたことから、わざわざ間違いを指摘して自分に時間を取らせるのも悪いと思って黙っていた。

ということだそうです。

 

まあ言いたいことはわかりますが、大体の値段で会計をしてその結果安くなる誤差と店員が明らかに計算間違いをして安くなる誤差では話が違う気がしますけどね…

後半の方の言い分は、わかります(笑)
後ろに並んでる客からすればそんなこと知ったこっちゃないですから、指摘してさらに時間がかかろうものなら白い目で見られるのは確実ですからね。

まぁ、シバターさんも損得どうこうの前に余計時間がかかるというのを嫌がって黙っていたのでしょう。

ちなみに、この動画で弁護士ユーチューバーのkubotaさんに今回の件が詐欺罪に当たるのか電話で話を聞いていましたが、どうやらこういうタイプの裁判例は未だないそうです。ただ、詐欺罪の可能性もゼロではないもののkubotaさんの見解としては詐欺罪に当たる可能性は低いとのこと。

 

私も、タイムリーに似たような状況にこの間遭遇しましたので少し話させていただきますが

ビデオ屋に行って漫画を借りに行った際に20冊以上だとパック料金が適用されるため

ちょうど20冊選んでレジに持ってったにも関わらず、19冊しかレジに通されておらず、その上なぜか店員が20冊のパック料金も適用しているという謎会計で1冊分安い会計になっていました。

会計の時点で、金額にあれ?と思ったもののレジ間違いは帰宅後レシートを確認してから気づき、『店員のミスだしいいやろ』と思いつつ放置。

ですが返却の際に、いちゃもんつけられても敵わないので返却する際に

『どうやら1冊レジ通ってなかったみたいなんですけど、1冊分の代金払いますか?』と尋ねると

『いえいえ、こちらのミスなんで払わなくていいですよ』と言われ、そのまま返却完了。

私が、会計の時点で気づいていてそれを故意に黙っているならまた違ってくるでしょうが、基本的には向こう側のミスで片付くケースが多いでしょう。

それにシバターさんの場合も、地震で被災してレジが使えないためその記録が残っていない。さらに、レシートの発行もないから証拠もないです。動画は残ってますけど(笑)

『会計が明らかに安くなってるのに黙ってるのは人としてどうなんだ』という声はありますがそれは、シバターさんが言ったように訂正よりも被災直後だったこともありコンビニの客捌けを優先すべきだと思っての気遣いのようなので悪意はないでしょう。

どちらにせよ罪に問われる可能性は限りなくゼロに近いです。

スポンサードリンク

色々調べてみると、店員がお釣りを誤って多く渡してしまうというケースはよくあるようでアホな店員が5000円札を5万円札と勘違いし、お釣りが数万円になるというケース。

これに関しては、お釣りが多いとわかっていながらそのまま受け取ると客側が罪に問われてしまいます。客が気づかずそのまま受け取り、帰宅してから気づいた場合はすぐに返金しないと場合によってはこれも罪に問われてしまうようですね…

まあお釣りの場合は基本的に少額な事が多いので民事裁判程度のようですが。

今回は、会計時のミス。あくまでもシバターさんは、店員の請求通りに支払っただけですしレシートやレジの記録、防犯カメラの映像もなし。

会計時のミスを分かっていながら、指摘しなかった事はワンチャン詐欺罪に当たりそうですが店員が勘定の計算ミスをしたという証拠もないので罪には問えなさそうです。

今回は、被災直後という特別ケースなので振り分けが難しそう。

むしろ、今回のコンビニでの会計ミスは動画のネタになると思ってアップしてると考えた方がいいでしょうね。これほどまで炎上経験値を積んでいるシバターさんなら、この動画の内容は明らかに人間性を疑われる行為ですし、炎上する案件だとわかりますから…

結局今回の炎上も、シバターさんの思惑通りと言ったところでしょう。

まとめ

シバターは炎上の神。

通常は店員のミスはちゃんと指摘してあげましょう。

やましい気持ちが勝り、お金を自分の懐に入れようとすると後で痛い目見ます。

スポンサードリンク
おすすめの記事