アニマルかつみのwiki的プロフィール!ガル憎バンドの現在と病気で引退?

最終更新日:2018年9月6日

みなさんこんにちは。

パチンコ・パチスロ業界のレジェンドと言ったら皆さんはどなたを思い浮かべますか?

ランキングを作ったらきっとトップ10には間違いなくランクインするであろうお方が、現在も現役で活躍し続ける『アニかつ』こと『アニマルかつみ』さんです。

現在は、紙面で活躍する若手のライターや映像に出演する演者などが目立ってはいますが、それらが活躍できる土台を盛り上げてきたのはまさしくアニかつさんをはじめとする子さんのレジェンドたちです。

今回は、そんなパチスロ業界のレジェンド、アニマルかつみさんに関して調べてみましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

アニマルかつみのwiki的プロフィール紹介!本名や年齢は?

それではまずはじめにアニマルかつみさんについて簡単にご紹介していきます。

名前 :アニマルかつみ
本名 :関勝美(せきかつみ)
誕生日:1966年8月25日
年齢 :52歳(2018年9月現在)
出身地:兵庫県尼崎市
血液型:B型
身長 :174センチ
体重 :65キロ

『アニかつ』の愛称で知られている必勝ガイドの古参のライター、アニマルかつみさん。

ロック歌手の様な風貌が特徴なライターさんですが、実際、ライターになる前には本格的にバンド活動をされていたそうです。これに関しては、ライターになるきっかけのエピソードのところで詳しくご紹介しますね。

ちなみに、ベースの腕前はかなりのもので、現在もパチスロライターを生業としつつも、バンド活動も精力的に行っています。

ライターとしての活動は、25歳の頃から始めていますので2018年現在だと実にライター歴は27年!ここまでくるともうレジェンドの域に達していると言えるでしょう。そんなアニマルかつみさんですが、未だその腕は衰えず現役で実践動画の出演なども精力的に行なっています。

現役で実践動画を行なっている中では、間違いなくトップクラスにキャリアの持ち主ではないかと思われます。実際、アニマルかつみさん同様に50歳を超えても未だなお動画に出演し続けている人なんてマンション久保田さんや大崎一万発さんくらいではないでしょうか。

このパチンコ・パチスロ業界、ライター業という大きな括りの中でも非常に人気の商売ということもあり、ライターにどれだけ熱意があっても中々来店実践やメディアの仕事をもらえるわけではないのです、アニマルかつみさんの人気が今もなおある証拠と言えるでしょう。

なお、最近はツイッターでの情報発信に力を入れており、更新頻度も非常に高くなっています。パチスロネタからバンド、愛猫関係など1日に数回更新することも多いです。しかし、50歳を超えても第一線で活躍するその姿勢は立派の一言です。

アニマルかつみの若い頃のバンド活動とライターになったきっかけは?

さて、そんな現在は揺るがぬ人気を確立したアニマルかつみさんですが最初からこんなに調子よく進む人生ではなかったようです。アニかつさんが、パチスロ必勝ガイドにたどり着くまでには大変な苦労があったようなので、ここではそのエピソードについてご紹介します。

時は1990年、アニマルかつみさんが24歳の頃。当時、アニカツさんは大阪に住んでいました。この時点で、通っていた高校を中退し10代の半ばから始めた音楽活動に熱心に取り組んでいたようです。

本来は、この音楽活動だけで飯が食いたいと思っていそうですが音楽で飯が食える人間なんて今も昔もほんの一握り…ライブハウスなどでのライブなどは何回か行い、メジャーレーベルからもデビューさせてもらってはいたもののやはりそれだけで食えるだけの収入を得ることはできず、いつの間にか生活の柱はパチンコ・パチスロの収支になっていたようです。

 

ちなみに、アニかつさんの当時の立ち回りスタイルとしてはまず朝一で来店し『モーニング狙い』。このモーニングというのは、今はもうないですがあらかじめ前の晩の夜に従業員が台を打って、ボーナスを内部で成立させ、朝一で座った客が1回転目でボーナスを揃えられるという神のような仕様です。

当時は、定番のサービスだったようですが今ではやっている店はないですね、不景気!!モーニングが取れない場合には、デジパチで『午前中ノーパンク』のサービスを利用してある程度プラスにできたら、パチスロに移行するという立ち回りをしていたようですね。今の、設定や天井狙いなど期待値を追う立ち回りというよりは、店側の優良なサービスを利用した立ち回りが多かったみたいです。まぁ、確実にその方がプラスにできるのでやらない手はないですね(笑)

スポンサードリンク

そんな立ち回りで、なんとかパチンコ・パチスロの収支を生活の柱として繋いでいたアニマルかつみさんですが、やはり本命である音楽の方は実らず…次第に音楽を中心とした、関西での生活には限界を感じ始めます。

そんな時に、東京の知り合いのバンドマンの勧誘で一緒に音楽をやることになり、『これが最後だ』と心に決め、25歳の頃に大阪を出て上京します。しかし、そんな東京でのバンドもわずか1年ほどで解散、同時に手首の怪我も重なり楽器が弾けなくなり、アニかつさんの音楽の夢は完全に閉ざされてしまいます。

そして、東京へ行く前に決めていたように潔く音楽から足を洗います。

音楽をなくし、当時付き合っていた彼女からも振られ仕事もなく途方に暮れている中、たまたま知り合いにパチスロ必勝ガイドの『秋山プロ』という知り合いがおり、その方の誘いでパチスロ必勝ガイドの当時の人気企画である『13時間デスマッチ』に読者代表として参加。

その時に書いた実践時の文書が編集部に認められて必勝ガイドのライターとして起用されます。もちろん、なりたて当初はあまり仕事はなく、アルバイトとの兼業だったそうですがわずか半年ほどで、原稿だけで仕事が埋まるようなガイドのメインライターになります。

こうして、ライターという転職を手に入れたアニかつさんは現在に至るまで活躍し続けている…というわけですね。

最近のライターは、先輩だったり知り合いに編集部のコネを作って話を通してもらうパターンが多いですが、一昔前は編集部に直接履歴書を送る方式がメインでした。そして、アニかつさんはそのどちらでもない読者企画からライターになったパターンの人ですね!

以前書いた、グレート巨砲さんなんかも読者企画がきっかけでライターになっていましたのでベテランライターはは意外と読者企画出身の方が多いのかもしれませんね。

 

ちなみに、最終学歴が高校中退な上にライターになる直前まではバンド活動をしていたため、特に文章力に秀でていたというようなことはないようです。おそらく、読者企画での文章はシンプルに内容の面白さで評価されたのでしょう。

ですが、ライターになってからは先輩ライターの文章を参考にしながら独自のエッセンスを加え、かつ必勝ガイドらしい文章が作れるように努力はしたみたいですね!

アニメルかつみの名前の由来は?

アニマルかつみさんの名前の由来はパチスロ機「アニマル」から取ったと自身で語っています。その「アニマル」に本名のかつみをつけてライターネームにしたそうです。

流石に私はこの『ANIMAL』と台の世代ではないので打ったことがないのですが、今で言うハーデスだったり凱旋などのいわゆる荒い台。当時、生活をかけてパチンコ・パチスロを打っていたアニかつさんは先ほども説明したようにローリスクな立ち回りがメインだったのでこのリスキーな台はそうそう気軽に打てるシロモノではなかったようです。

昔ですが現在のアニマルかつみさんの生活と見た目の印象は確実にアニマルの台の特徴とマッチしています(笑)

アニマルかつみはバンド活動をやってる?ガル憎との関係は?

そんなアニマルかつみさんですがパチスロ必勝ガイドの誌面の企画でガル憎さんとライターコンビを結成しました。

人気の者の2人はマッド・パチスロ・ブラザーズのコンビ名、通称マッパチで活動を行っています。

パチスロ関連の企画だけでなく、2001年にはなんとCDもリリースしています。
リリースしたCDには「獣王」「アラジン」などパチスロ機の音源も多数収録されているなど、当時のパチスロファンからは高い支持を受けた様です。2001年と言うと、パチンコ・スロットの人気が上り調子だった時期と言うこともあり、この様な企画が出たのでしょうね。

本人もこの企画の話が出た時は驚いたそうです。
今のパチンコ・スロット業界ではCDデビューなんて考えられません。
今の時代で言うと、人気筆頭株の諸ゲンさんあたり、見た目のバンドマン的チャラさだけでいうならオモダミンCさんあたりがCDを出すイメージでしょうか?

なお、2010年代以降も2人セットでの活動は多く、ぱちガブッ!の「結成から19年を迎えるマッパチのアニマルかつみとガル増の交換日記」と言う企画では交換日記形式のやり取りを行っています。パチスロに関する事はもちろん、雑談から2人の人生観に至るまで様々な内容が書かれています。

パチンコ・パチスロを打ち、好きなバンド活動もする。

そんなカッコイイ生き方をしている2人を見て、憧れてしまうのは私だけでしょうか。

スポンサードリンク

アニマルかつみの結婚や嫁は?

アニマルかつみさんは過去に離婚歴がありますが、現在は別の方と結婚をしています。
アニマルかつみさんのツイッターを見ると、仕事にプライベートに日々奔走している姿が垣間見えますが、それを許して下さっている奥様はさぞや懐の大きい方なのでしょう。

なお、ツイッターでは奥さんの登場はほぼ無く、飼っている猫に関する投稿が多い傾向です。

アニかつは病気で引退した?現在の活動は?

アニマルかつみさんは2013年に一度、休養宣言をしています。
病気説や引退説も流れましたが、どうやら私生活で辛い事や悲しい出来事が立て続いた様で流石に精神的に疲れてしまったそうです。

アニマルかつみさんはワイルドな見た目からは想像出来ませんでした。

また、アニマルかつみさんはすでにご両親を亡くされておりお父様が腎不全、お母様が癌とどちらも病気です…

癌は遺伝がどうのこうのと言われますが、アニマルかつみさんも年齢が年齢。いつ病気にかかっても不思議ではありませんので、無理しない範囲でお仕事に取り組んで欲しいものです。

一度は休養宣言は出したものの今では、音楽活動に比重を重く置き、パチスロライターとしても活躍しており、メディアにも元気な姿で出演しています。

某大御所ライターの大崎○万発さんの様に出ずっぱり過ぎるのも微妙ですが、業界を盛り上げて来たレジェンドの1人なので、今後も元気な姿を見せて欲しいですね。

アニマルかつみのおすすめYouTube実践動画一覧

《大崎一万発》《ヒロシ・ヤング》《アニマルかつみ》《ガル憎》【バジリスク~甲賀忍法帖~絆】DROP OUT -16th Season- 第1話(1/4)[ジャンバリ.TV][パチスロ][スロット]

超豪華なメンツでの実践動画。アニマルかつみさん以外にもガル憎さん、大崎一万発さんなどレジェンドが揃い踏み。

再掲載【凱旋・パルサー】あの2人がついにぱちズキっ!参戦!【ぱちズキっ!】

マッパチの2人での実践動画。実践面での見せ場はありませんが、この2人の掛け合いが見れるのは貴重です。

まとめ

今回は、パチンコ・パチスロ業界を初期から盛り上げてきたベテランライターのアニマルかつみさんについてご紹介させていただきました。

新参の面白いライターや様々なキャラを持った演者が次々と増える中、未だ自分のキャラをブレずに持ち続け第一線で活躍し続ける様はまさにレジェンドライターと言ってもいいでしょう。

未だ破天荒っぷりが衰えず、ポックリ逝ってしまいそうで心配ですがこれからもお体に気をつけつつ頑張っていただきたいですね。

スポンサードリンク
おすすめの記事